ジャック・オ・ランタンにはなりたくない

フリーデザイナー見習い南瓜のブログです。見習いの為格安でデザインの仕事を承ります。まずはメールを下さい。

ミンミンゼミになりたい2


バイトでミスをして客に怒られてフラフラになりながら蝉の大合唱が鳴り響く道を帰っていく。

夏の日光はジリジリと魂までを焼き尽くしていくようだ。

実際私達はこうやって1秒1秒寿命を擦り減らしていくんじゃないだろうか。

私はアホで間抜けで不器用な人間だけど、だけど呼吸をして栄養を吸収してこうして太陽を睨みつけている。

私はアホで間抜けで不器用な人間だけどこれでも出来る事だってあるんだ。
出来ないって感じた事だって人よりスローペースでもちゃんとこなしてきた。

こんなにグダグダでも前に進むのは生きて行く為だ。
生きるために生きてるんだ。
誰かが作った名言がふと頭をよぎる。

寿命が尽きる日までただ蝉のように泣き喚きたいだけだ。

奴らは木から転げ落ちる瞬間までずっと泣き続けているんだ。

私はまた解雇をされるかもしれない。
これからも怒鳴られたり白い目で見られながら生きて行く事だろう。

だけど少しずつできる事を増やしていこうとおもう。

何回木から転げ落ちたってよじ登ってやるぞ。
そしてわたしはここにいるぞと高らかに言ってやるんだ。

転げ落ちた蝉の死体を見ながらそんな誓いを密かに立てた。